1年闘病した亡きお母さんから、娘へのメッセージ

スピリチュアルカウンセラー

蒼井聖子です。

 

「スピリチュアルのお仕事は疲れませんか?」

とよく聞かれます。

 

除霊が多いと、キツイ時期はありましたが、

最近は何をしても、全然疲れなくなりました。

むしろ、もっと精力的に仕事したいと思うぐらい♡

 

なぜかというと、セッションをしながら、

とても美しい魂の姿を

見させていただくことがあるから・・・・♡

 

人間って素晴らしい

人の心、魂って本当に素敵だなと、

びっくりするぐらいな感動が走ることがあるんです。

 

それは、

亡くなった人からのメッセージを聞いた時

です。

その故人と同じ気持ち(だと感じます)が

こみ上げてくるようなことが起こります。

私が自分で体験していない感情や感覚ですが、

とても素晴らしく、美しい魂の姿を見せていただく

本当にありがたく

天に拝みたくなるような瞬間です。

image

最近、具体的にあったのは、

「若くして亡くなった母の気持ちをリーディグしてください。」

というご依頼です。

(クライアントさんのご承諾を得て紹介させていただいております)

 

そのクライアントさんは今は自分も子供を持つお母さんです。

高校生の時、自分のお母様は癌で1年ほど入院されていたそうです。

リーディングすると、

お母さんは

「 病院で過ごした娘との1年がとても色濃く楽しく

いい思い出で、とっても嬉しかった。こんな時間を過ごせて

幸せだったよ、ありがとう。」

とおっしゃっていました。

{B87F25A2-6D00-484E-B12F-73D9358D981C}

お母さんは、子供の私を残して、辛かったのでは?

病院で不憫な思いをしているのでは?

と心配していたクライアントさん。

 

私は伝えながら、なんだか、そのお母さんの気持ちが

とっても温かいので、急に涙がこみ上げ、

クライアントさんも

同じように、涙を流していました。

当時の彼女は、学校が終わると、

お母さんのいる病院へ毎日通っていたそうです。

そしてお弁当を作って持って行き、

お母さんが娘のお弁当を食べて、彼女が入院食を食べたり、

病院の小さなベットで手を握って一緒に夜を過ごしたりしたそうです。

そんな親子の1年への想い出と感謝

それが、亡くなったお母様からの言葉でした。

辛いよ、不憫な思いをさせたね。ごめんね。

って想像していたそんな気持ちより、ずっと

愛の色濃い時間が、どんなに人の中(魂の中)に

残るものなのか・・・・

私も、びっくりするぐらいでした。

愛と感謝の気持ち

とは、

人の心を溶かす、温かく、強いエネルギー!!

と、この仕事に携わり、本当に気づきの多い

美しく温かい瞬間でした。

{022AB65B-7D79-4CC1-BF87-4DBDB3E6E0B7}

そんな亡き人との対話は

スピリチュアルカウンセラー養成講座

中級講座にて学ぶことができます。

(6月も開講が決まっていますよ)

スピリチュアルカウンセラーは、

美しい人の魂に触れることができる

本当に素晴らしい仕事です。

 

 

様々なスピリチュアル業についている方がいると思いますが、

この仕事に携わる意味実感を持って、

従事している方が増えて欲しいなと

心から思います。

カウンセラーに興味がある方は、いつでもご相談くださいね。

 

 

*5/16 サンクチュアリ出版にて

キャリアウーマンのためのトークセミナー開催します!35満席

http://ameblo.jp/hitomihoshino/entry-12261432170.html

*【スピリチュアルを味方につけて、HAPPY体質になる秘訣(無料)】

♡ブログに書けないこと書いてます♡

image

(メルマガ登録後、対面セッションご依頼の方へプレゼント付)

*はるな薫さん・神々と星の開運神社ツアー⭐️
5/26 10名満席

*22時~のナイトセッションは当日18時半までご予約受付しております。

*蒼井聖子公式ホームページはこちらhttp://aoiseiko.com

2017年05月14日 | Posted in スピリチュアル | | Comments Closed 

関連記事